コラーゲンは、年齢を感じさせる肌の「しわ」や「たるみ」を少なくし、ハリや潤いある肌を作る為に必要不可欠な美肌成分です。
ここでは、コラーゲンが持つ効果をいくつか紹介していますので、参考にして下さい。

コラーゲンの効果。

代表的な効果の一部を紹介します。

ハリのある肌を作ります。

本来、コラーゲンは体内で合成されますが、加齢と共に合成量がどんどん減少していきます。特に20代を超える頃から減少量は著しくなり、肌にハリを失い、シワやたるみが増えてきます。

コラーゲンは、肌の本体ともいえる部分(真皮層)に多く存在しており、肌の弾力や潤いを保つ役割があります。

この為、しっかりとコラーゲンを摂取すれば、ハリや潤いある美肌を目指す事が出来ます。

骨を強化し、骨粗しょう症等を予防します。

骨の成分は、カルシウムだけではありません。コラーゲンがあってこそ、強化される事をご存知でしたか?

骨とコラーゲンの関係は、とても密接に繋がっており、わかりやすくいえば、骨を鉄筋コンクリートとすると、コラーゲンが鉄筋でカルシウムがコンクリートとの役割があります。
コンクリートは鉄筋があって初めて強固な物になるので、骨も、コラーゲンがあってこそ、強化されていくのです。

関節痛の緩和に役立ちます。

関節痛の緩和に働く成分としては、グルコサミンやコンドロイチンが最近話題となっていますが、コラーゲンも関節痛の緩和には必要不可欠なのです。

骨を保護する役割がある軟骨は、コラーゲンも主要な構成成分となっている為、しっかりと摂取する事で、関節痛を緩和する事が出来ます。

ウイルスに対する抵抗力を高めます。

風邪などのウイルスは、至る所から体内へ侵入し、どんどん体にダメージを与えていきます。

コラーゲンは、細胞間をくっつける役割がある事から、ウイルスが侵入してくる隙間埋める事で、風邪を予防する事等が期待出来ます。

血管を柔軟にし、血圧を安定させます。

実は血管にもコラーゲンがたくさん使われています。

血管は、頑丈でかつ柔軟でなければなりません。
血管の柔軟性を失うと血液の流れが悪くなり、高血圧の原因になる事があります。コラーゲンをしっかりと摂取する事で、 弾力ある破れにくい血管を作り上げ、高血圧などを予防し、血圧を安定させる事がいわれています。


Copyright (C) 2010 collagen-ranking.com. All Rights Reserved.