コラーゲンは、肌のハリや潤いへの効果や、健康的な骨を作るなど、美容と健康の両面で活躍する成分です。
ここでは、コラーゲンの働きをさらに高めたりするなど、相性の良い栄養素を紹介します。

相性の良い栄養素。

コラーゲンは、体を構成する主要なたんぱく質の一種で、基本的にはどの栄養素とも相性が良いです。
下記には、その中でも特に相性抜群の栄養素を紹介します。

ビタミンC

ドリンクや粉末などのサプリメントで、どんなに大量にコラーゲンを摂取しても、100%コラーゲンとして吸収される事はありません。

ビタミンCは、体内で分解されたアミノ酸から再度コラーゲンを作り上げる際に活躍するので、コラーゲンをより体内で増やす事が出来ます。

また、美肌のパートナーとしてビタミンCは活躍し、シミの原因となる黒いメラニンを無色にする働きが期待できます。

カルシウム

女性の99%は、カルシウムが不足しており、骨粗しょう症の予備軍といわれています。
だからといって、カルシウムだけを摂取しても、骨の強化が完璧になる事はありません。

骨にカルシウムをくっつける為には、コラーゲンが必要となるので、一緒に摂取する事で、健康的な骨を作る事が出来ます。

ヒアルロン酸

美肌を作る上で特に重要なのが、「ハリや弾力」と「保湿」です。
コラーゲンはハリや弾力に活躍するのですが、ヒアルロン酸は保湿を担当します。

ヒアルロン酸は、地球上で最も保水力があるといわれており、コラーゲンと共に美肌を作る上で重要な成分です。

グルコサミンやコンドロイチン

関節痛を緩和する事で、サプリメントでも爆発的に人気を集めているグルコサミンとコンドロイチンとコラーゲンはとても相性が良いです。

グルコサミンやコンドロイチンは、軟骨の主要成分であるコラーゲンと共に健康的な軟骨を作り上げます。


Copyright (C) 2010 collagen-ranking.com. All Rights Reserved.